入院のご案内

hospitalization

入院について

入院の決定

入院は、当院医師の診察により決定されます。他病院・施設からの転院については、事前に地域医療連携室へ連絡いただいた後、入院決定カンファレンスを行ってからの決定となります。緊急入院などで、何かご不明な点がありましたら看護師または地域連携室へお尋ねください。

入院される時に必要なもの

健康保険証、医療受給者証、印鑑
洗面道具(歯磨きセット、石鹸、コップ)、食事道具(箸・スプーンなど)、着替え、タオル、バスタオル、湯呑み、ティッシュペーパー、オムツ、おしり拭き、靴またはスリッパ


詳しいご案内はこちらもお読みください

1. 入院の手続きについて

  1. 一階の地域医療連携室にて入院手続きをいたします。
  2. 入院者の緊急時に連絡が必要なご家族や、その他連絡を受けた方がよいと思われる方の電話番号をお尋ねします。

2.入院の問診と諸検査について

  1. 入院時は血圧、体温、脈拍などを検査します。
  2. 現在までの状態、現在の症状、既往歴、家族歴、その他をお伺いいたします。
  3. 検査、手術、治療などの必要に応じて絶食(食事を止める)、遅食(食事時間を遅らせる)になる場合がございます。

3. お薬について

  1. 現在飲まれている薬や、使用中の薬(目薬やインシュリンなどを含む)をお持ちの方は看護師へお渡しください。薬の併用が可能か等を検討いたします。
  2. お薬手帳などをお持ちの際も看護師へお見せください。

4. 外出、外泊について

  1. 外出、外泊を希望される方は、医師の許可が必要です。
  2. 事前に希望日時、事由を記入した外出届用紙をナースステーションにご提出ください。
  3. 病状等により許可できない場合や、制限をかけさせていただく場合がございます。希望の際は、その都度届け出を行い、許可を得てください。

5. 面会について

  1. 面会時間は、午前8時30分〜午後9時までです。
  2. 面会の際は、受付前で面会簿の記入をお願いいたします。
  3. 多数の面会人や、長時間の会話は、患者さん及び同室の患者さんに影響しますのでお控えください。
  4. 患者さんの病状により、面会時間の制限を設ける場合や、面会をお断りする場合もございます。

6. 持ち物・金銭・貴重品の取扱いについて

  1. 病室には規定のもの以外は、持ち込まないようにお願いいたします。持参品に関しましては、必要最低限のものとし、各自記名をお願いいたします。
  2. お見舞い金、日用品購入費等の金銭類は事務所にてお預かりすることも可能です。ご希望の方は、ご相談ください。ただし、多額の金銭や貴重品に関しましてはお預かり致しかねます。
  3. 電化製品の持ち込みは、原則ご遠慮いただいております。携帯電話の使用は可能ですが、使用方法を厳守ください。病状によっては制限させていただく場合もございます。
  4. 病院食以外の食べ物や飲み物の持ち込みは事前にご確認ください。

7. 診断書等の取り扱いについて

診断書等が必要な方は、受付窓口へお申し出ください。

生命保険等の診断書に関しては、原則退院時にお預かりし、退院後に作成いたします。入院中に証明が必要な方は、別途ご相談ください。

8. その他

  1. 火災、その他の非常時には、病院職員の指示に従って落ち着いて行動をしてください。
  2. 病院敷地内は、全て禁酒、禁煙です。
  3. 節電、節水、その他省エネルギーにご協力ください。
  4. 駐車場は、入院される方の駐車はご遠慮ください。やむを得ず駐車される場合は、受付窓口にて駐車許可証の手続きをお願いします。