診療科のご案内

Clinical Departments

高血圧専門外来

高血圧専門外来では、患者様の血圧に対する評価及び治療を行います。高血圧の有無、高血圧の原因(腎臓・ホルモン高血圧・食塩)、高血圧の治療、治療評価といった診察から治療まで全てに対応しております。原因別による検査や治療も対応可能ですので診察・治療をご希望の方はご相談下さい。

高血圧専門外来 診療時間

午前 午後
- 14:00 - 16:00

急患につきましては時間外でも診察致します。

高血圧専門外来 担当医表

午前 - - - - - - -
午後 - 中尾 中尾 中尾 - - -
中尾正一郎医師

中尾正一郎 副院長

高血圧かな? 原因は? 治療は?

1. 高血圧の有無135/85mmHg以上は高血圧)
  1. 自宅で血圧測定(家庭血圧)
  2. 1か月間、朝、夕の血圧を測定し、血圧手帳に記入。
  3. 3回測定し、1回目は記入せず、2回目と3回目の低い値を記入。
  4. 1か月後、再診時に「血圧手帳」の記録を見て診断。
2. 高血圧の原因(検査)

高血圧の原因は、腎臓、ホルモン、食塩があります。

  1. 腎臓高血圧  :血液(クレアチニン)、腎動脈超音波検査
  2. ホルモン高血圧:血液(レニン、アルドステロン)
  3. 食塩高血圧  :食塩摂取量測定(24時間尿)
3. 高血圧の治療(原因別)
  • 腎臓、ホルモンが正常な場合は、食塩が原因の食塩高血圧です。
  • 食塩高血圧の原因療法は、減塩(食塩摂取量6g/日未満)です。
4. 治療評価(目標血圧:125/75mmHg以下)
  1. 血圧:再診時に自宅血圧(血圧手帳)を評価
  2. 減塩:食塩摂取量6g/日未満が達成されているか?(月1回24時間尿検査)
  3. 心臓への影響:心電図・胸部レントゲン・心エコー検査(年1回程度)
  4. 眼への影響:眼科専門医で眼底検査(治療開始時点で1回)

食塩高血圧

原因:高血圧(135/85mmHg以上)の原因は食塩です。
検査:24時間蓄尿の尿中食塩排泄量の測定
降圧目標:家庭血圧で125/75mmHg以下
75歳以上は135/85mmHg以下。
治療:食塩高血圧の原因療法は【無塩・減塩】です。
降圧薬は対症療法になります。

減塩目標

日本高血圧学会6g/日未満
欧州高血圧学会 5g/日未満
WHO5g/日未満
米国心臓協会3.8g/日未満

3g/日未満にすると高血圧は治ります。

食塩摂取量の測定

経口摂取した食塩の9割は尿に排泄されます。

1日(24時間)の尿中の食塩を測定することで、1日の食塩摂取量が分かります。

1日(24時間)尿中食塩排泄量の測定

携帯用蓄尿器(ユリンメートP)使用

  • 朝起きてすぐの1回目の尿は溜めません。
  • 蓄尿開始は、朝起きてから2回目の尿から蓄尿器に入れます。
  • 排尿のたびに蓄尿器に入れて溜めてください。
  • 最後は翌朝起きてすぐの尿まで溜めます。

蓄尿器をそのまま霧島記念病院にご持参下さい。

約1時間後に食塩排泄量が分かります。

詳しいご案内はこちらをお読みください