診療科のご案内

Clinical Departments

災害医学科

当院は2009年よりドクターカーを導入し(鹿児島県認可第1号)救命、災害医療に取り組んで参りました。2012年2月には、全日病主催のAMAT認可を受け、熊本地震の際には3隊駆け付け1週間かけて支援活動を行いました。
また2018年12月には鹿児島県DMAT隊員養成研修を終了し、鹿児島県DMATとして認可されました。
今後も当院は全職員の災害医療への取り組みを強化して、当地域における防災、減災を推進していく方針です。
災害医療に興味ある方々の入転職もお待ちしております。

DMAT(災害派遣医療チーム)

DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」のことであり、災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team)の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。

AMAT(全日本病院医療支援班)

AMATとはAll Japan Hospital Medical Assistance Team の略称であり、「災害の(急性期~)亜急性期において、災害医療活動の研修を受け、災害時要援護者にも配慮した医療救護活動を行なえる医療チーム」として、「防ぎえる災害関連死」を無くすことを主目的として活動する、全日本病院医療支援班のことを指します。

JMAT(日本医師会災害医療チーム)

JMATとは、被災地に対して日本医師会が派遣する災害医療チームのことです。JMATとはJapan Medical Association Teamの頭文字をとった略語になります。 発災から3日後くらいに被災地に入り、現地の医療体制が回復するまでの間、地域医療を支えることを目的とした医療派遣チームになります。具体的な活動内容としては、避難所や救護所における医療、被災地の病院や診療所における日常診療への支援などが代表的です。

熊本地震活動

熊本地震活動

災害勉強会

災害勉強会